借入と利息について
> 融資を受けるなら知っておきたい利息制限法について

融資を受けるなら知っておきたい利息制限法について

借り入れたお金の目的が限定されないフリーローン、
個人向けの小口融資であるキャッシングやカードローンでは利息についての表示が、
5.00%~18.00%などという形で表示されている場合がほとんどです。

これは融資を受ける金額によって、金利が変動するためで、
融資額が大きければ大きいほど低金利、小さければ小さいほど高金利となります。

ではなぜこのような金利設定が行われているのかといいますと、
そもそも、お金を借りたときに発生する金利の上限については、利息制限法によって
借入れ金額によって制限が設けられているためです。

・元本が10万円を超えない場合 20%まで
・10万円~100万円未満 18%まで
・100万円以上 15%まで

この決まりのとおりに金利設定を行っても、法律的には問題はありませんが、
それぞれの金融機関では金融商品としての価値を見出す意味をこめて、
利息制限法の決まりから多少のふり幅をもたせた金利設定となっているわけです。

金利設定が比較的高いとされる消費者金融では、小額融資の場合の高い側の金利を、
18%として、返済に遅延した場合の利息、遅延損害金を利息制限法の上限となる
20%としてる場合が多いようです。

最低金利が低いとなんとなく・・・

例えば、8万円ほどの比較的小額を借り入れたいという場合、
Aの業者が4.50%~18.00%、Bの業者が5.00%~18.00%という金利設定だったとします。

なんとなくAの業者のほうが低金利で借りられそうなイメージをもってしまいがちですが、
実際のところ、10万円以下の借入れでは高い方の設定金利が適用されますので、
Aの業者もBの業者も18.00%での融資となるわけです。

では200万円などの高額の場合にはどうなのかといいますと、 こちらは必ずしも最低金利が適用されるというわけではなく、業者によっていくらからいくらは
金利が何%という具合に、こまかく設定されています。
ですので、希望する借入れ金額では金利がどの程度になるのか確認した上で、
借入れ先業者を比較しなければ意味がないといえるでしょう。

住宅ローンの場合

住宅ローンなどの場合には、1000万円を超えるような高額の融資となります。
返済期間も数十年というようにかなりの長期間となりますから、
小額融資と同じような金利で貸し付けてしまうと、いつまでたっても返済が終わらない
ということになってしまいます。完済できなくては金融商品として成立しませんから、
かなりの低金利での貸付が可能な金融機関でなければ、取り扱い自体が難しいわけです。

その分、申し込み時の審査も厳しく、保証人や担保の設定を必要とするなど、
貸し倒れのリスクをできるだけ回避できるような契約を結ぶことになります。