借入と利息について
> みなし利息とは

みなし利息とは

消費者金融で人がキャッシングなどを利用してお金を借りる場合、
一定の決められた期間までに返済をする必要がありますが、
返済する金額は借入をした元本だけでなく、借りた日から返済をした日までの
期間の利息も合わせて返済する必要があります。

そして消費者金融を利用してお金を借りる時に、礼金、割引料、手数料、調査料など
いろいろな名目で別にお金を取られてしまうことがあります。

しかしこのようなことを認めてしまうと必要以上にお金を取られてしまうことになり、
お金を借りる人の負担が大きくなってしまい、不利益を受けることになります。

またこのような状況を認めてしまうと、多重債務に陥る人も多くなってしまいます。
そのためお金を借りる人を保護するために礼金、割引料、手数料、調査料などの
名目で取られた金額も全部利息とみなしてしまうということにしてこれを
みなし利息と言います。

法律で上限が定められているので、安心して借りられる環境

そして上記のような名目で取られたお金をみなし利息にすることによって
必要以上に多くのお金を取られることが無くなります。
なぜなら法律で消費者金融などの金融機関がお金を人に融資するときに
定めることができる利率の上限を定めていて、この利率を超える部分は無効となるからです。

そのため人が消費者金融を利用してお金を借りる場合、
本来の利息、みなし利息を合わせて、法律で定めている利率の範囲の利息を
支払えばいいので、必要以上のお金を支払う危険も無くなり、
安心して人がお金を借りることができるようになります。