借入と利息について
> 貸越利息とは 銀行カードローンでも発生する

貸越利息とは 銀行カードローンでも発生する

簿記の用語の中に、貸越利息というものがあります。
これは何かというと、お金をかしている時に発生する利息です。
これは一般的な人であればあまり発生する条件はそう多くないのですが、
ある条件を元に発生することがあります。

残高不足になった場合に定期預金を元に自動で自分に貸し出す

その条件とは、まずは銀行口座で定期預金や定額貯金などを契約しておき、
あらかじめいくらか預金しておきます。
次に何か引き落としがあったり銀行口座からお金を引き出す時に
残高不足になるようであれば、銀行はその口座にある定期預金や
定額貯金などを元にお金を自動的に貸し出すようにしているのです。
このサービスは銀行が勝手に実施しているというふうに捉えている人が多いのですが、
実際はこのサービスは定期預金や定額貯金などを取る時にしっかりと記入されているのです。

銀行によって貸し出す金額は違いますが、その貸出にはもちろん利息が発生します。
これが貸越利息なのですね。
この貸越利息については、銀行口座、特に普通口座にしっかりと
お金を入れておけば問題はありません。
また、一般的な人であればそう簡単に発生することはありませんので安心してください。

ただし、この条件はしっかりと把握しておきまた守ることでも発生するようになります。
また、最近はこの条件を知らないで貸出のサービスを受けている人もいます。
この返済方法は、基本的に銀行の普通口座にお金を入れるだけで大丈夫なのです。
マイナスになるような表示があれば、そのようなことがあるのだと思っておくといいでしょう。

引き落とし口座と連動するタイプの銀行カードローン

月々の返済を自動引き落としに設定している口座と、
それに連動している銀行カードローンの場合、
返済額の引き落とし時に預金残高が不足している場合にも、
上記のように一定額までを自動的に融資してくれるケースがあり、
この場合にも貸越利息が発生します。

カードローンによって条件はさまざまですので、一概にいえるものではありませんが、
銀行カードローンの利用時に、いつのまにか預金口座がマイナスとなっていたなら、
この貸越利息が原因である場合もあることを覚えておきましょう。