1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家や土地など不動産売却ブログ
  3. 不動産売却は不動産屋の”物件”チラシを参考に!

不動産売却は不動産屋の「物件」チラシを集めて参考にすると良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

家を売るか検討中の場合、不動産屋にすぐ行く方もいればインターネットを利用して情報収集する方など人それぞれですが、もう一つ、チラシについてもチェックすることをおすすめします。

新聞に入っている折込チラシやポストに入っているポスティングチラシをチェックしてみましょう。 折込チラシやポスティングチラシはある程度、地域を絞っていますので、その地域に住んでいる方を ターゲットとして不動産会社が販促活動をしているわけです。比較的近くの物件ですので参考になる場合があります。

売主ではなく買主目線で一戸建て・マンションのチラシを見てみる

買主目線になってチラシをみてみましょう。

●チラシ1
この物件は広くてとても良さそうだけど、築年数が30年で古い。あっ!でも、3年前にリフォームしてるらしい。 しかも駅から遠くなくてスーパーも近いし便利そう。

●チラシ2
築浅で人気のエリアのマンション!オシャレ!あっ、販売価格が5500万円...うちには無理だー

など、自分が買主となった時にどこに注目するか考えてみる事が大事です。

チラシを見て気になる点を考えてみる

チラシをみて、どこが気になるのかを挙げていきましょう。

  • ・生活しやすそう
  • ・販売価格
  • ・駅から近い
  • ・通勤圏内
  • ・見た目がキレイ
  • ・広い
  • ・日当たり
  • ・間取り
  • ・駐車場

上記に挙げたようなことが気になる所かと思います。 簡単に言ってしまうと、すべての人が同じように考える訳ではないのですが、同じところが気になる方が多いと思ってください。 いくら新築であっても通勤圏内でない場合は購入はしませんよね?物件が良かったとしても売れないものは売れないんです。

気になると考えられる事をチラシでうまく見せてあげられれば、買主に購入したいと思ってもらえる事ができるんです。

あえて買主目線でチラシをチェックすることで自分が売却する時にとても役立つんですね。

チラシを集めて、家の価格をチェックする

チラシを集めて、近所の物件に絞って価格をチェックしてみましょう。複数のチラシを見てみると、 築年数、駅からの距離、利便性、面積などの違いで価格が異なる事がわかり、ある程度の相場がわかるように なるかと思います。マンションなどの場合は同じマンション内で売り出し中のチラシがあればもっと分かりやすいかもしれません。

価格をチェックすることで、なぜこの価格で販売しているのかが分かって良いと思います。 実際には不動産鑑定士でもないので、物件の価値などは正確にはわかりませんが、売却を行う上で 必ず役に立ちますし、業者と話しをする時にも役立ちます。

チラシの価格をチェックしていると、同じ物件のチラシが何度も

チラシをチェックしていると、何度も同じ物件のチラシが入ることがあります。 これで何がわかるかと言うと、売れていないという事です。

ここで大事なのは売れていない理由です。あなたなら理由をどう考えますか?

  • ・近くにスーパーなどが無くて不便そう。
  • ・価格が高い
  • ・駅から遠い
  • ・通勤できない距離
  • ・見た目が古い
  • ・狭い
  • ・日当たりが悪い
  • ・間取りがいびつな形、変な所に柱が
  • ・車を所有しているが駐車場がない

などの理由が考えられると思います。

これらの売れていない理由が売却検討中の家にもあてはまらないかどうかを確認してみましょう。 売りやすい物件は上記のような売れない理由が少ないのが特徴なのです。だから条件がよく売れるんです。

チラシは家を売る際の参考になる

チラシを集めてチェックした事で、物件の良さを伝えるポイントなどを今後に活かす事ができます。 また、良い!と思ったチラシを作った販促が上手な不動産会社に自分が売る時に任せる事ができたり、他の業者にお願いする場合もチラシのサンプルを見せて貰ったりする事で不動産業者の選定にも役立ちます。

最終的には不動産業者に仲介をお願いするのですが、まだ売るかもわからない状態で、不動産屋に行くのもちょっと気がひけますので不動産一括査定を利用することをお勧めします。 一括査定を利用する事で、「不動産屋に行かなくても家にいながら不動産業者に査定依頼ができる」「複数の不動産業者から査定がもらえる」 「大手、地元を含めた不動産屋に依頼できる」というメリットがあります。

5社程度の不動産屋に一括で依頼でき査定価格を比較できるので、利用しない手はありません。

査定依頼した不動産業者の査定額とその中で気になる業者のチラシなども参考にして業者を選ぶと良いですね。

まずは不動産業者の査定額を知る!おすすめの不動産一括査定サイト