1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家の売却相談Q&A
  3. 家・マンションの売却で業者の買取は損か得か?

仲介業者 or 業者買取?売却したらいくらで売れるのか?家・マンションの買取は本当に損なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、家を売却する時には不動産会社と媒介契約をして仲介をお願いします。賃貸物件でも家主と入居希望者とを仲介する仕組みがありますが同じ感じですね。

「仲介」「買取」について

家を売却する際の仲介は、売主と契約した物件を売る為に自社WEBサイトや大手ポータルサイトやビラ配り等で販促活動を行い、興味を持った方を見つけて売却する流れで、仲介業者は売主の依頼を受けて売却できた場合に報酬として仲介手数料がもらえるわけです。→仲介手数料についてはこちらから

一方、買取は不動産業者であったり他の買取業者が物件を直接購入してくれるシステムです。

家を売る際に買取の利用は損!って聞くけど本当にそうなの?

買取は不動産業者が直接買い取ってくれるので、得!と考える事もできますが、実は買取の場合相場の7割程度の買取額になってしまいます

その理由は、業者からすると購入した物件は再販するために買い取っているからです。再販するためには、興味を持った方を集めなければなりません。その為には付加価値をつけたり、現在のトレンドに合わせてリフォーム・リノベーションをして興味を持ってもらう必要があるんです。

リフォームの費用であったり、その他費用などを差し引かないと利益が出ないので当然、買取価格に反映してきます。

売却価格が7割なのに買取を選ぶのか?と考えますが、

家の買取にもメリットがある

時間がかかっても、なるべく高く売りたいと考えているなら買取はやめた方がいいでしょう。しかし、買取にも売主の状況によって良い点がある事を知っておきましょう。

  • ・まず、売却までの時間を大幅に短縮できる
  • ・資金計画をたてやすくなる
  • ・瑕疵担保責任が負わなくてよい
  • ・買取保証、買換保証サービスを使えば確実に売れる

まず、家の売却までの時間を大幅に短縮できる

買取の最大のメリットは売却までの時間が少なくて済む事です。業者が直接買い取ってくれる訳ですので短期間で売却できます。最短で数日~1ヶ月くらいで買取してもらえるので、すぐに現金化したい方、売却を急いでいる方に向いています。

逆に仲介の場合は買主が見つからないと売却はできませんので、早くても1ヶ月以上かかります。

資金計画をたてやすくなる

仲介で売却する場合、大体の売却額は想定できますが、実際にいくらで売れるかは確定している訳ではないのでわかりません。買い替え・住み替えなど今後の予定が決まっている方にとっては確定しないと資金計画を立てにくく困ってしまいますね。

その点、買取の場合は業者が決まれば、すぐに買取価格がわかるので今後の資金計画を立てやすいというメリットがあります。

瑕疵担保責任が免除される

仲介で売却した場合、買主に対して3ヶ月程度(契約書に記載)、売却した物件で欠陥、キズなどがあった場合に売主が責任を負う必要があります。例えば、買主に引渡しが完了したあとでシロアリであったり、雨漏りなどの問題があった場合に責任を負うことになります。

しかし、買取の場合は不動産業者に売却しているので瑕疵担保責任を負わなくてすみます

買取保証、買換保証サービスを使えば確実に売れる

上記でも言ったように買取をすると相場の7割程度になる為、デメリットとなりますが、買取してもらえば確実に売れるというメリットがあります。

なるべく高く売りたいけど、売却できるかどうか不安にはなりたくないという方は、買取保証サービスや買換保証サービスを利用する事で不安にならずに売る事が可能です。

このサービスは一定期間内に売却できなった際には決めておいた価格で不動産業者が買い取ってくれるサービスです。決められた期間内は通常の仲介での売却の為、買い手が見つかれば高く売れる可能性があります。また、売れなったとしても業者が買取してくれるので売れない心配をしなくて済みます。

売却金額だけ考えると買取での売却は損!でも状況によっては買取を選ぶ事も考えられる。

誰しもが1円でも高く売りたいと考えるので、そういった意味では売却金額が相場価格の7割程度になってしまう買取を利用するのは損だと言えるかもしれません。

しかし、「すぐに現金化したい」「いつまでに売却する必要がある」などの場合は買取を利用する事で短期間で売却が可能です。

ただし、買取価格は7割程度になるので、急いで売却する必要がある場合を除いては、仲介を利用する事が多くなるので売却するかを検討している段階で早めに動き出した方が良いでしょう。

売却するまでには仲介業者を探したりなど時間がかかります。ある程度余裕をもって売却するには売却期間を多めに持った方が販売計画も立てやすいでしょう。まずは仲介業者を探すところから始まりますので、相談する業者を数社見つけておくとスムーズに進むかと思います。

複数の不動産会社に一括で査定依頼が可能な大手不動産一括査定サイトがオススメ。

NTTデータ運営の「HOME4U」を利用すると物件の査定額を複数の業者からもらえます。

売る売らないは別にして検討段階で査定額があると便利ですね。

また、もしマンションを仲介で売るか買取で売るかを迷っているならマンションナビというマンション一括査定サイトもオススメで、実は、買取と通常の仲介での売却の両方の査定を依頼する事ができます。一度に買取と仲介両方の査定額がでるので、一石二鳥ですので利用した方が良いでしょう。

買取サービスを利用するしないは別にして、マンション売却相場をはじめに把握しておく事を強くおすすめします。上述した一括査定サイトの利用でも良いですし、他の方法もありますので詳しくはマンション 売却 相場のページで調べ方を紹介しているのでご覧ください。