1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家の売却相談Q&A
  3. 田舎の土地活用に有効な方法の比較と相談先について

田舎の土地活用~駐車場など有効に活用できる方法の比較と運用の相談先について

このエントリーをはてなブックマークに追加

田舎の土地を所有している場合、「相続したけど活用方法がわからない」「こんな立地で利用価値がない」など、田舎の土地に限った話しではなく、何も活用されていない遊休地をどうにか有効活用できないかと思っている人も多いのではないでしょうか?

空き家が多くなっている現状を考えると、今後も活用しない土地が増加していくと思われますが、本当に何も活用方法がないのか?所有者からしても何もしなければ毎年固定資産税だけ払い続ける負の資産になってしまいます。

有効活用できていない理由は、不動産の知識が少ない事、活用するお金の問題などありますが、活用方法次第では初期投資額ゼロでも土地活用ができたりしますので、まずは活用方法を知る事が重要です。大きく利益を上げたいのか?固定資産税の分くらい利益が出ればいいのか?また、節税対策をしたいのか?考え方によっては方法が異なります。

土地活用は分からない事も多く、どのようにしていけば良いのか?相談したい方もいるはずです。

近所に土地活用の相談所があったり、土地活用セミナーなどが定期的に行われていれば相談もできますが、難しい場合が多いと思いますので、土地活用について相談したい方はインターネットで複数の会社に最適な土地活用法を一括お問い合わせできる「スマイスター土地活用」をお試しください。

利用者数が350万人突破!たくさんの人が相談しています。

土地活用で評判の良い「積水ハウス」や「大東建託」などにも相談できるので大手を含めて一括問い合わせすることで比較ができて安心です。

最適な活用プランを一括請求してみる

また、客観的な立場から優良企業を紹介してもらえる「土地活用の窓口」もオススメです。通常であれば直接土地活用の提案をしてくれる企業に相談しますが、土地活用を考えた時点では、知識もなく不安ですよね?「土地活用の窓口」は第三者機関で、専属の相談員が相談にのってくれます。重視するポイント(利回り、税金対策、低リスク、安定収入、社会貢献)など話を聞いた上でニーズと目的にあった優良企業を紹介してもらえるので、最適な土地活用プランを選びやすくなります。

「自分では判断が難しい」「相談しながら決めたい」という方は土地活用の窓口はオススメです。まずはあなたに最適な土地活用プランをチェックしてみましょう。

最適な土地活用プランをチェックしてみる

田舎の土地活用に有効な方法(種類)と特徴を比較

すぐに相談するのも良いですが、ある程度土地活用方法について知ってからと言う方の為に、田舎の土地活用方法として考えられる活用方法を挙げてみます。

  1. アパート・マンションを建て賃貸経営
  2. 駐車場経営
  3. 高齢者住宅(介護施設・老人ホーム)
  4. 太陽光発電
  費用 投資額の回収 リスク 収益性 活用方法変更
アパマン賃貸経営 高い 期間が長い 高い 高い 難しい
駐車場経営 低い 時間がかかる場合も 低い 低い 比較的容易
高齢者住宅 高い アパマンよりも早い 高い 高い 難しい
太陽光発電 低~中 10年が目安 低い 低~中 難しい

土地活用の方法①アパート・マンションを建て賃貸経営

土地活用の方法として、すぐ思いつくのがアパートやマンションの賃貸経営かと思います。メリットとしては

相続税や固定資産税の節税
低金利の今がタイミングとして良い
安定した収入

が挙げられます。

◆相続税対策になるの賃貸住宅(アパマン)経営~節税効果が高い!
ご存知の通り、相続税に関しては法改正に伴い、今後相続税が上がる人が増える見込みですので、相続税対策として、賃貸住宅を建てる事で相続税の評価額を下げることができます。土地についてだけでなく建物についても相続税の評価額が減少するので相続税評価額を大きく下げる事ができ節税に繋がります。
◆固定資産税・都市計画税も節税可能
固定資産税・都市計画税も節税できます。土地に賃貸住宅を建てた場合、特例により評価額が固定資産税は1/6に軽減、都市計画税は1/3に軽減されるので節税できます。単純に土地だけをそのまま放置している場合、特例が適用されないので、通常通り軽減されていない固定資産税を支払うことになります。
◆低金利の今がタイミングとして良い
超低金利の状況が続いている今が賃貸住宅を建てる良いタイミングと言えます。多額の資金を借りて建てる訳ですので金利の変動は大きく影響を受けますが、インフレの状態にならない限り金利の上昇は無いと思いますのでしばらくは低金利が続くと考えられるので、時期的には今がチャンス。
◆安定した賃貸収入が得られる
賃貸住宅経営の最大のメリットは安定した収入です。基本的には何もしなくても入居者さえいれば毎月賃貸収入が入ります。維持・管理や空室の際のリスクなど考えれますが、サブリース契約など、家賃保証のサービスもあるので不安にならずに済みます。

アパート・マンション等の賃貸住宅経営の魅力は上記で挙げた通りです。節税効果は抜群で安定収入を得られるので土地活用としてはとても魅力的です。しかし入居者を確保し続ける事が重要ですので、立地やターゲットについて良く考えた上で経営していく事が重要です。賃貸住宅経営はターゲットとなる入居者の事をどれだけ考えてできるかが成功の鍵かと思います。

土地活用の方法②駐車場経営

駐車場経営のメリットは、

狭い土地や変形した土地でも利用できる
初期投資ゼロでも土地活用可能
更地への復帰が簡単

所有している土地によっては活用できないと考えてしまいますが、駐車場経営の場合、狭小地、変形地であっても駐車スペースが確保できれば利用できます。他の活用には向いていない土地でも活用できるメリットがあります。また、駐車場経営は初期投資ゼロでも始める事ができるので、リスクがあまりない特徴があります。

通常、アパートやマンションなどで契約を結んだ場合、借置借家法によって他の用途への転用が難しいのですが、駐車場の場合は借置借家法の対象になっていないので事前通告で立ち退きをさせる事が可能です。たまに見かける事もあると思いますが、駐車場だった土地にマンションが建っていたりしますよね。このようにとりあえず駐車場にしておいて、その後、アパート・マンションをと言った土地活用が可能なのもメリットとなります。

土地活用の方法③高齢者住宅(介護施設・老人ホーム)

高齢者住宅・介護施設で土地活用は

超高齢化社会の為、需要がかなりある
立地にそれ程左右されない

メリットがあります。

超高齢化社会に突入し現在でも介護施設に入所できずに待ちの状態の方も沢山います。これからさらに増加傾向にある事、核家族化が進んでいる状況から考えると、介護施設の需要はどんどん高まっていくので、今後の活用方法として良いはずです。

また、アパート・マンション、駐車場などの場合は立地が大きく影響しますが、介護施設の場合は、駅近などの利便性というよりは、環境が大事なので、田舎の土地でも活用する事ができます。

土地活用の方法④ 太陽光発電

田舎の土地活用で注目されているのが太陽光発電。実際にここ何年かで田舎にソーラーパネルと設置している土地を見かけることが多くなったと思いませんか?太陽光発電のメリットとしては、

田舎であろうが都会であろうが、土地の価格などに左右されない
設備は必要だが、自然エネルギーなので調達コストがかからない

などがあります。

通常、土地活用をする場合は、その土地の利便性など、賃貸なら住む人が、駐車場なら近隣に停める場所がないなど、それぞれ需要がないといけませんが、太陽光発電の場合は日照時間が確保できる、まわりに建物がないような場所の方が良いので、田舎では利用できる土地が多くあるはずです。 もちろん日当たりなどの条件もあるので、すべての土地で利用できる訳ではありませんが、管理ができず空き家状態の家をそのままにしておくとトラブルの原因にもなりますので、太陽光発電に向いている土地であれば、活用するのも一つの方法です。

土地活用の悩みを相談してみる!会社ごとの活用法を比較できる

土地活用を考える際に「初期投資費用」「狭い土地」「相続」「立地」「固定資産税」などで悩むかと思います。ほとんどの人が同じ事で悩んでいるのですが、どうやって有効活用するかは、まずプロに相談してみる事をお勧めします。

どうしてかと言うと、土地活用がどういうものか知識もないはずですし、活用した方が良いことも知らないままになっている所有者が多いからです。例えばですが、「狭小地だから活用できない」と思っていたとしても、相談する事で、この土地なら、駐車場に利用できる、自動販売機、バイク駐車場など、新しい活用方法が見つかるかもしれません。

どんな活用方法があるのか?最適な活用方法な何なのか?は相談してみないとわからない部分が多いです。まずは複数の会社に最適な土地活用方法を一括お問い合わせできる「スマイスター 土地活用」を利用して自分の土地の活用方法を請求してみましょう。無料ですので、試した方が得です!!

スマイスターの土地活用どんな土地活用事例がある?

前述の通り、相続によって所有した土地の相続税・固定資産税の節税であったり、そのまま放置するのももったいないと言う理由で活用する方が多い印象です。少しだけ事例を紹介します。

親から相続した田舎の土地の活用に悩んでいたところ、スマイスターの土地活用をインターネットで知りました。自分の土地をどのように活用していいかわからなかったので、スマイスター土地活用を利用して活用プランの提案をしてもらいました。

提案も色々とあったのですが、自分の土地の場合、田舎でも車の需要があり駐車場が足りていないエリアだったので駐車場経営をする事にしました。アパートという選択肢もあったのですが、初期費用の問題もあり、少しでも費用を抑えられる駐車場を提案してくれた1社に決めました。