1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 中古マンションやアパート売却相場の調べ方!不動産の価値・価格はいくら?

マンションやアパートの売却相場の調べ方~不動産価値は近隣(近所)の売却相場でわかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却の際に相場がいくらなのかは気になるところです。「いくらで売れる」かわからないと売却するかどうかも検討できませんので、自分の不動産の価値・価格がいくら?になるのか調べる方法を紹介します。

①複数の不動産屋に査定を依頼して相場感を知る方法

なぜ複数の業者に査定依頼?」と疑問に思う人もいますが、不動産業者に査定見積もりを依頼すると、高い確率で査定価格はバラバラです。査定価格はこのマンションなら「この価格で売れる」という業者の意思表示ですので、価格が異なるという事は最終的にマンションを売却する際の価格にも影響してくることを意味します。

業者の違いだけで物件によっては1000万円も価格差がでる事もあるので、複数の会社に査定依頼し比較しておかないと損してしまいます。複数業者の査定額を比較できるようにしておけば相場を把握する事もできますし、一番高く売却してくれる不動産業者を見つける事もできるメリットがあります。

しかし、複数業者に査定をお願いする方法は、依頼する業者が多ければ多い程、時間と手間がかかるので、「早く知りたい」又は、「店舗に行かずに調べたい」という人は無料の不動産一括査定サイトの利用をオススメします。1分程度で複数の業者に査定依頼が可能で、プロの目からみた査定額がわかりますし相場感を素早くつかめます。

マンション一括査定で1番高い査定額がわかる
「いくらで売れるか」相場を確認してみる

また、これから近隣の相場について説明しますが、近隣相場については一括査定を依頼した不動産業者にも合わせて確認しておく事をオススメします。不動産のプロが近隣の相場、市場をどのように見ているのかがわかり、今後売却する際に有益な情報となります。

続いて、相場・価値を知る為に近隣相場を自分で調べる方法について説明します。この方法は売ろうとしている自分のマンションと同等だと思える(条件が似ている)物件を見つけて価値を知る方法で、具体的には下記のネットを利用した方法で不動産(マンション・アパート)相場を調べていきます。

②近隣にある条件の似たマンションの売却相場を知る方法

  • ・レインズのデータを元にした不動産取引情報提供サイト REINS Market Information
  • ・国土交通省 土地総合情報システム Land General Information System
  • ・大手インターネット広告

レインズのデータを元にした「不動産取引情報提供サイト REINS Market Information」でマンションの相場を調べる

REINS(レインズ)とは?
レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューター・ネットワーク・システムの名称です。指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。公益財団法人東日本不動産流通機構は通称「東日本レインズ」と呼ばれています。

REINS TOWER

売却する場合、基本的には不動産会社と媒介契約を結んで仲介してもらうのですが、その媒介契約には 3種類あってその中の専属専任媒介契約や専任媒介契約を結んだ場合、レインズに登録した売却物件が売れた場合、成約した情報を 指定流通機構に通知する義務があります。そのデータを元にした情報提供サイトが「不動産取引情報提供サイト REINS Market Information」で、このサイトを利用するれば近隣物件の取引情報を検索できます。

媒介契約の種類については「不動産売却の媒介契約で一般媒介と専任契約の違い」で詳しく説明しています。

使い方は簡単で建物種別(マンションか戸建)、都道府県、地域を選択して検索ボタンをクリックします。 そうすると、さらに詳しく条件を設定できるようになり、 マンションの場合であれば地域の詳細(市区町村や地域)沿線、最寄り駅、駅からの距離、単価、専有面積、間取り、築年数、成約時期、用途地域 などを選択して条件を絞り込みます。

戸建ての場合も同様に地域の詳細(市区町村や地域)、沿線、最寄り駅、駅からの距離、価格、土地の面積、建物面積、間取り、築年数、成約時期、用途地域などの条件を選択して絞ることができます。ほとんど同じような手順ですが、マンションの場合単価(万円/m2)がわかり、戸建ての場合は価格が簡単に調べられます。所在地に関しては番地までは出ないので、同じ地域で駅からの距離や面積、間取り、築年数などを参考に似た物件の価格を調べてみましょう。

「国土交通省 土地総合情報システム Land General Information System」でマンション売却の相場を調べる

国土交通省が運営する実際に行われたマンションなどの取引価格、地価公示、都道府県地価調査の価格を検索できます。

取引情報の時期と調べたい取引情報の種類(宅地、土地、土地と建物、中古マンションなど、農地、林地)、地域(都道府県、市区町村、地区)または沿線・駅 名(地方、路線、駅)を選択して検索ボタンをクリックすることで最寄り駅、駅までの距離、取引総額、間取り、面積、用途、築年数、構造、都市計画、建ぺい率、容積率、取引時期などを調べることができます。

この検索結果を元に、上記のREINS Market Informationと同様に条件の似た物件の価格を調査できます。

大手インターネット広告「SUUMO」や「HOMES」を利用して所有している住宅の相場を調べる

CMなどでも誰でも知っている、「SUUMO」などで販売価格を調査する事で大体の住宅相場をチェックできます。ただし、インターネット広告の場合、売却取引価格ではなく、売主が設定した価格である事に注意が必要です。出ている価格で売れた訳ではないという事ですね。

自分が物件を探しているように、自分の物件の種類(中古マンション、中古一戸建て)、所在地、沿線などを指定して、さらに細かい条件を指定して、近隣の物件で同じような物件がないか調べてみましょう。時期などにもよりますが、マンションの場合は階数などが違ったりしますが同じマンションの他の部屋が見つかったりしますので、参考にしてみると良いでしょう。

どの方法を使っても、どこから(例:東京、福岡、横浜、大阪 など)でもマンション売却での相場が確認できる

マンション一括査定はもちろんの事、他の方法でも、どこにいたとしても相場価格を確認できて便利です。

例えばですが、離れた場所にマンションを所有している場合でも、オンラインで相場を知れる事で、わざわざ査定のために出向く必要もなく、ムダに時間を取られることはありませんし、忙しい方でも手間なく確認できるのは、かなりメリットと言えます。

プロからアドバイス

マンション売却は近隣の相場は必ずチェック!同時に同じようなライバル物件が売りに出ているかチェック!

近隣相場は上記で説明したような方法で調査することが可能です。業者に依頼する一括査定と合わせて、大体のマンション相場を把握してください。一括査定などで集まった査定見積もりの内、明らかに近隣相場と異なる場合はちょっとおかしいので、 業者を疑うか、その査定額になった根拠を聞いてみてください。また、大手のポータルサイトでの価格は 実際の売却価格ではない事は注意が必要ですが、それぞれの売主が決めた価格ですので参考になります。せっかく調べているわけですので、 沿線や地域にライバルとなる物件についてはチェックしておいた方が良いでしょう。

ポータルサイトなどで、あきらかに同じマンションと思える物件がズラッと並んでいるのを見かけることがあります。 100%ではありませんが、売主と一般媒介契約を結んだ不動産業者が掲載していると考えられます。一般媒介契約の場合複数の業者と契約を結べますので 同じ物件が並んだと考えられます。この契約が悪い訳ではないのですが、買主の目線からみると、同じ物件だとわかりますし、多く売りに出しているマンションなのかな?人気がないのかな?など、いらない不安を抱く可能性があります。希少性がある方が気になりますよね。

また相場は変動するので、以前査定依頼した事がある方も時間が経過しているなら、査定依頼して自分のマンションの価値をチェックしてみてください。

相場は上記方法と合わせて、複数業者の査定額を参考にするのが基本!もしまだ一括査定を利用していない方は下記の大手一括査定サイトを利用して相場を確認する事をオススメします。

マンション売却相場は10年たつとどうなる?資産価値はいくらに?

マンションの売却相場ですが、10年たつとどうなるのでしょうか?新築を購入した時点で2割は下がると言われたりしますが、実際に時間の経過でどのくらい資産価値が下がっていくのかを紹介します。当然ですが不動産価値が上昇するエリアもあるので、一概には言えませんが、例えば4000万円くらいで購入したマンションだとすると、10年たつと3000万円、20年たつと半分の2000万円、30年経つと7割下がって1300万円と下がってしまいます。

現在では、一生住むつもりでマンションを購入したとしても、転勤や子供ができたり介護など、生活が変われば、10年以内に売却する事も考えられます。資産価値、マンション相場は下がっていくので、もしも、売却する可能性がでてくる場合、早めに査定しておく、数年おきに資産価値を確認しておく事をオススメします。また地域によっては減少が少なかったり、駅近物件は下がりにくかったり、上述したように地価上昇中のエリアでは逆に上がったりなど、エリアや条件によっては下がり幅が少ない事もあります。