1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家の売却相談Q&A
  3. 不動産売却の販売売値はいくら?家の売り出し価格の決め方

不動産売却の売値はいくらぐらい?家・マンションの売り出し価格(販売価格)の決め方

このエントリーをはてなブックマークに追加

家の売却で、2500万円?2800万円?3000万円?など、これくらいで売れて欲しい価格が頭の中にあるでしょう。 実際に自分の考えている価格で売れる売れない?は買い手が現れるかどうかなので誰にもわかりませんし、

仲介契約をする不動産業者でも100%わかる訳ではありません。

ただし、希望価格で売れそうかどうかは、ある程度わかるのでは?と思います。

相場と極端にかけ離れた価格では、ほとんど売れない。

自分が希望した価格で売れたら!と思うのは当たり前の事ですが、中古物件を売る場合、大体これくらいの建物、スペックならこれくらいが売れると言う大体の相場が存在します。その相場に合わせて売り出し価格を決めている場合が多いんです。

もちろん、高い金額でも買いたいという買い手がいれば売れるでしょう。ですが、買い手も沢山の物件を見たり、不動産屋に相談などして相場などが分かっているはずです。

そうなると、どうしても建物基準というよりは、相場を基準として選ぶ場合が多いので相場からかけ離れている場合、高いという印象になり売れないのです。

高く売ろうと考えるなら、それなりの販売戦略を不動産業者と練って準備しないと難しいでしょう。良い業者であれば高値で売却する方法を売り主の立場になって考えてくれたりするので、そういった業者を選んでお願いすると満足いく売却ができますね。相場に関しては「中古マンションの売却相場の調べ方」で詳しく説明しています。

相場を参考に売値を決める

売り出し価格は相場を参考に決めることになります。上記で言ったようにかけ離れた相場では現状売りずらいので、大抵の場合、相場付近の価格帯で売り出します。

売り出し価格に関しては契約する不動産会社と相談して決める事になります。もし業者が「この価格では難しい」と言っても最終的には売主が意志を通せば要望通りの価格で売り出すことはできます。

ただし、業者はプロですので、その価格では難しいと言った根拠や、販売戦略を聞いた上で納得するなら業者の提案をのんでも良いですね。

売り出し価格の決め方の一例

売り出し価格の決め方の一例を紹介します。参考になるか分かりませんが、購入希望者はSUUMOなどを利用する場合に価格での絞り込みをよく使います。どのインターネット広告を利用するかにもよりますが、SUUMOとHOME'Sを例にして言うと、価格条件は500万円単位です。例えば予算が3500万円までとすると上限金額を3500万円未満という設定で探す事になります。その為、3500万円を超えた価格設定をしている場合は価格上限を4000万円に設定した場合でないと検索結果に出てきません。

ですが購入希望者にとって上限は3500万円だとしても、3510万円の物件も購入範囲に入る方も多いはずです。という事は見て欲しいターゲットユーザーへの露出機会が少なくなってしまう可能性があります。絶対にこの金額で売りたいという希望があれば別ですが、少し下げても良いという場合は3510万円の所を3490万円などにしておくと、見てもらえる機会も増えるかと思います。

不動産業者に近隣で条件の近い不動産の売却価格を聞いてみる

どうして聞くのか?は、実際に売却された価格は売値を決めるのにとても役立つからです。同じ物件ではないので、異なる部分はあるのですが、実際の売却額を知らないと売却を失敗する事に繋がる恐れがあります。

実際に売却された価格は、多くの場合売り出し価格ではないという事を頭に入れつつ参考に。

自分が買い手だと思って考えた場合、なるべく安く買いたいと当然思いますよね? そうすると、必ず値下げ交渉しませんか?一生に何度もある買物ではないので、ダメ元で聞いてみますよね?

多くの場合、こう言った値下げ交渉が必ず行われます。

売り手の心理は”安く売りたくない”ですが、もし値下げ交渉に応じず買い手が現れなったら困るという心理も働くので。 多少は値下げして売る場合が多いんです。

何が言いたいかと言うと、最終的に少しは値下げして売る可能性があるということです。

なので、値下げしても多少余裕がもてるような価格設定にしておく方が良く、もし近所の同等な物件の売却価格が2900万円なら2980万円で売り出すと言った感じで設定しておきましょう。価格のつけ方は色々あるので、不動産屋に相談などしましょう。

売値の決め方の基本は相場!でも変化することもあるので注意。

売り出し価格は相場を基準に決めるのが鉄則ですが、もし、売却期間を長く取れるなら、自分が思った価格で反響があるかどうか 試すのも良いでしょう。その方が納得できますよね。

上記でも言いましたが、相場でないと絶対に売れないという事ではありません。(相場と離れ過ぎている場合は売れないかも) 買い手もそれぞれ考え方が違いますし。他にも内覧した物件がありその物件と比較すると、とても良いと感じる可能性だって少なからずあります。

また、価格が上昇する要因(新駅ができた等)があり、これまでの売却価格が参考にならない場合もあります。 そんな場合は当然、相場よりも高い価格をつけても売れたりしますので、現状を踏まえて価格を決めていくと良いと思います。

もし仲介契約を結ぶ不動産屋を決めていない場合は、不動産一括査定を利用すると便利です。 価格設定はとても迷うところですので、無料の一括査定を利用することで大手を含む複数社の不動産会社 から査定してもらえます。仲介契約する業者を決める時の参考にもなりますし、もし業者を 決めている場合も、査定価格を参考に売値を決める事ができます。簡単で手間(1分程度)もかからないのでお勧めです。

売り出し価格の参考に!大手の一括査定を利用してみましょう。