1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家の売却相談Q&A
  3. 家(一戸建て・マンション)売却で内覧があるのに売れない原因は?

家(一戸建て・マンション)売却で内覧があるのに売れない原因・理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産業者が販促活動を行い、売り出しを開始すると、内覧の希望が届くようになります。 内覧希望があると言うことは、物件に興味がある訳ですので、まずは、第一段階として成功したと言え、 売主としては一安心するところです。

もしも反響がなく内覧に来ない場合は、そもそも販促活動がされているのか?価格は適正なのか?などチェックする必要があります...

内覧希望のお客さんを実際に案内して、気に入って貰えて条件が合えば売買契約を結ぶという話しになりますが、 内覧は何件かあるけど、なかなか決まらない場合は原因を考えないといけません。

家が売れない原因として考えられる事は何?

内覧に来ている訳ですので、まったく興味がないというのは考えにくいですが、

  • 実際に内覧して想像していた家のイメージと違った
  • 不動産屋が紹介して見に来ている

実際に内覧して想像していた家のイメージと違った。必ず清潔感のある様に最低限の掃除はしておく

内覧希望者は自分の条件に合う物件を不動産会社に紹介してもらったり、自分でインターネットで探したりなどして 見つけるわけです。掲載されている情報をもとに気になる物件だった場合、内覧を希望しますので、もしも契約に至らなかった場合、 当然原因があります。

例えば、掃除をしておいたのか?水廻りはキレイか?風通しをして臭いなどが気にならない様に配慮したか? など考えられますね。

掃除は当たり前ですし、水廻りは特に女性が気になる所です。これから住むかもしれない家ですので、水廻りが汚かったりしたら住みたくなくなりますよね?また、水廻りをキレイにしているのであれば、他もキレイに使っていると思うこともできます。それぐらい大事な箇所ですね。風通しにしても、臭いを気にする方が多かったりするので、必ずチェックしてもくべきです。内覧時にアロマを焚く事で契約に至ったという話しもあるくらいです。もちろんアロマを焚けば良いというわけではなく、気になる方もいますので、配慮しておくべきという事ですね。

不動産屋が紹介して見に来ている!→サクラやマワシの可能性も

あくまで可能性ですが、不動産業者が紹介して見せているケースも考えられます。

「不動産会社なんだから紹介するの当たり前でしょ?」

と言われそうですね。確かに当たり前なのですが、もし紹介する理由が他の物件を売りたいからといった理由だとしたらどうでしょう?

例えば、
自分の物件をA、Aよりも少しグレードの高い物件をBとします。

先に物件Aを見せてから、物件Bを見せた場合、どちらが良いと思うのか? 人それぞれ感じ方が違いますが、大半は後で見た方かと思います。

何が問題かと言うと、紹介して内覧に来てもらう事自体は良いのですが、当然、物件Bの方がグレードの高い物件なので良いと感じるわけで買い手にとって契約したいと考えるのは物件Bとなります。

物件Bを売るために、わざと物件Aを見せているマワシ物件として使われている可能性があるという事です。

このような行為を続けた場合、内覧に来たとしてもなかなか契約に結びつきにくいのは想像できるかと思います。

ただ、このような行為は一概に悪いとは言えません。上記の例のように、グレードの高い物件を売る為に自分の物件を利用した場合は、そんな事しないで欲しいと思ってしまいますが、 グレードの低い物件を使って、自分の物件を売れやすく営業してくれる場合もありますね。こんな場合は嬉しいですよね? 行為自体は業者の営業方法なので、すべて悪いとは言えませんが、自分の物件ではあまりやって欲しくはないですね。

もし自分の家を利用して他の物件を売ろうと考えている業者の場合は、早めに手を打った方が(新しい業者を探す)良いでしょう。時間がない場合も多いので不動産一括査定を利用して素早く査定依頼をして業者を探しましょう。

また、サクラをつれてくる業者がいる事も知っておきましょう。

簡単に説明すると、サクラを利用する理由は色々考えられ、一般媒介での契約を専任契約にしたくて、販促活動を頑張っているように見せるためにサクラを使って内覧させたり、契約期間が3ヶ月なので、内覧させて検討中などにして、契約期間を延ばしたりなどの理由で利用します。

また不動産屋は仲介して売れないと利益がでませんので、売る為にどうするかと言うと、一番簡単な方法は売主に値下げしてもらう事です。その為、内覧をサクラを使って適度に販促活動したように見せた上で、売れない理由を価格に持っていき値下げさせ売却しやすくする方向へ持っていったりします。そもそも相場よりも高すぎる価格では売りにくいので、売主も相場を把握した上で価格設定をする必要はありますが...

不動産を売る為に問題を解決するには

内覧が来てるのになかなか決まらない場合は、物件について自分達に原因があるのか? それとも業者に原因があるのか?の両方の面から考えてみてください。どちらかに偏って考えてしまうと、 原因を突き止めるられない可能性がありますし、売却まで時間がかかってしまう事になりかねないので注意しましょう。

あくまで可能性ですので、内覧が来ているのに決まらない理由は完全にはわかりません。しかし、内覧にはそこそこの件数来ていたり、内覧者の反応も悪くないのに決まらない状況が続く場合、営業マンを疑ってみても良いかもしれません。関係性が良い場合はそのまま続ける事も選択肢の一つですが、売却する為に依頼している訳ですので、もし合わなかったり、不信感があるなら思い切って業者を変更した方が状況が変わる可能性があります。

不動産業者選びに失敗した方におすすめの一括査定サイト