1. 家を売るなら損はしたくない!
  2. 家の売却相談Q&A
  3. 信用できない(悪徳・最悪)不動産仲介業者とトラブルにならない為に

信用できない(悪徳・最悪)不動産仲介業者とトラブルにならない為に。評判の良し悪しを見極めるなら、この質問をしておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よっぽどの事がない限り、家を売る際には仲介業者に仲介をお願いして販促活動をします。 色々な所で、仲介業者をどうやって選んだらいいのかについて書かれていたりしますが、結局のところ、頼んでみないとわからないのが現状です。

「一生懸命頑張ります」と言う営業マンも沢山いますが、売れる事だけに重点をを置くなら どの営業マンであっても普通に頑張れば、相場付近では売れるでしょう。

「相場付近で売れればいい!」と考えているならそれでも良いですが、出来るなら高く売れる営業マンに お願いしたいですよね?

その為に、仲介業者の中でも高く売れる可能性を持つ営業マンを見分ける方法を教えます。

仲介業者の担当者に「相場よりも高く売った実績はありますか?どれくらい高く売れたんですか?」と聞いてみる

相場よりも高く売った実績」について聞く。これは何を意図して聞くかというと、まずどんな反応を示すのかを見るのと 実績について何という返答をするのかを見る為です。

質問されて、担当者がどういった反応をしめすのかは重要です。動じずにすぐに返答できるかなどをチェックしてみてください。

さてここから本番です。

どういった返答をしてくるか

不動産を相場よりも高く売った事のある実績を聞いたのですが、何度も売却経験がある営業マンであれば当然、高く売った実績はあります

えっ!高く売った実績ある?

高く売る事は簡単ではありませんが、「この物件を買いたい」等、買主次第では高く売る事も可能です。

ですが、相場3000万円として、3010万円でも高く売った事になってしまいます。10万円程度であれば、買主が折れればすぐに高く売る事ができます。間に入っている仲介業者が説得すれば出来る範囲ですね。

ここで聞いているのは単純に相場よりも少し高く売れた実績ではなく、いくらくらい高く売った実績があるのかが聞きたいのです。

なので、「どれくらい高く売った実績があるのか」を聞きましょう。

そこで高く売った実績がない場合、業者は通常通りに販促活動をして、相場付近の金額で売れる事を目標として売却するので、高く売れたとしたら、たまたま買い手が現れたと言うことです。

売却額がすべてでなないのですが、高く売ってくれる可能性のある仲介業者に頼んだ方があとで後悔しなくてすみますね。

不動産を高く売った実績があるのなら、どんな販売方法を用いて売ったのか質問しみよう。

上記でも言ったように少しだけ高く売るくらいであれば、どの営業マンでも可能なのです。 相場よりも100万円、200万円、300万円と高く売る為には、それなりの戦略をもって販促活動しないと なかなかできないのが現実です。

他にはないネットワークを持っていたりなど、仲介業者、担当者ならではの販売方法を使って高値で売却する為に 動くわけです。

そこで、どのような販売戦略で販促活動を行って、反響があって高値で売却まで辿りついたのかをチェックしてください。 たまたま高く売れた業者の話しは聞けばわかります。高く売った仮定をきちんと説明できる業者であれば、仲介をお願いすることで高値で売却できる可能性があります。

もしかしたら相場での売却になる事も無いわけではありませんが、最初から相場しかみていない業者よりは 納得して売却できるのではないでしょうか?

高く売る為に不動産業者の良し悪しを見極める一つ方法として、質問することを紹介しました。 せっかくなら高値で売却できる可能性を模索すべきですね。

高く売るには大手から地元密着の不動産業者まで幅広く相談すべき、不動産一括査定サイトを利用すれば簡単なのでおすすめ